元々は神戸市に住まれながらタルトの移動販売をされていた鴨谷様。ご両親を縁側とゆったりとしたお庭のあるお家に住まわせてあげたいというお気持ちから田舎物件をご購入されました。
タルトの移動販売を継続されながら、地域の行事やイベントにも積極的に参加をされている鴨谷様の田舎暮らしをお伺いしてきました。



揖保郡太子町は、たつの市と姫路市の間に位置しています。東へも西へも北へもアクセスのしやすい立地に加え、市街地にはたくさんの商業施設が揃う便利なまちです。
また、中心部を離れると田畑や山の景色などの自然も多くみられるなど、街中と田舎の良さを併せ持っています♪


●物件を探し始めたきっかけを教えてください。
元々、両親は神戸市の商店街でお店をしてたんです。
住居もお店と一緒だったので建物が連なって、お庭もなくてという環境に住んでいて…
年齢を重ね、介護も必要になってきた両親をお庭と縁側のある平家に住まわせてあげたいと思ったのが物件を探し始めたきっかけですね。

●どれくらいの期間探されましたか?
半年くらいですね。
この辺りだけでなく、兵庫県の北の方でも探していたんですが、お家もお庭も広すぎる物件が多くて。
なかなか、これ!という物件が見つかりませんでした。



●物件を気に入っていただけたポイントはどこですか?
縁側とお庭ですね。とにかく縁側が欲しかったんです。
日当たりが良くて暖かいし、お庭も眺められるし。
たまたまスローライフさんのホームページを見つけて、たつの市とか宍粟市とかいろいろと見せてもらった中で、龍野城下町がいいなと思ったけど、元々売りに出される物件が少ないうえに、価格が高く、お庭も付いていないお家が多かったり。
なかなか思い通りの物件に出会えない中で、たまたま入ってきたばかりの物件を紹介してもらって、『いいな』と思えたのがこのお家だったんです。



●物件の手直しはされましたか?
納屋に厨房とガレージを作りました。
タルトの移動販売をしているので、そのタルトを焼くための厨房です。
ガレージは元々車が好きでアンティークな車をもっているので、その車を保管するために作りました。
あとは、母屋の畳を替えたくらいですね。元々水回りが既にリフォームされてオール電化仕様になっていたので。
両親と暮らすため、玄関や廊下、お風呂場などに手すりが付いていたのは嬉しかったですね。



●移住するにあたっての不安や心配はありましたか?
周囲の方との付き合いですね。元々は街に住んでいたので不安でした。
ちょうど引っ越してきたタイミングで隣保で集まることがあってご近所とのつながりができたので、問題なくお付き合いを始めることができました。
回覧板でタルト屋の紹介をしてくださったり、買いに来てくださったり、良くしていただいているなと思います。
やはり田舎なので隣保の当番があったり、地区の掃除があったりしますが、田舎田舎しているわけでもなくお付き合いしやすい環境ですね♪



●移住してみて良かったことや困ったことはありますか?
田舎らしい風景だけど、自転車で生活できるくらいスーパーや電気屋、役所、病院などが近く便利で住みやすいですね。
地域のイベントや太子町役場のふれあい市などタルトを販売できる場所や機会も多いので、そこも良かったところだと思います。
移住してからドライブや温泉巡りという新しい趣味ができたのも良かったことのひとつ。
赤穂や宍粟など近くの温泉は全て行きましたよ(^^)
困ったことは、電車やバスがないことくらいですね。
太子町内には駅がなく、バスも姫路市からたつの市をつなぐバスが通るくらい。移動手段が限られるので少し不便ですね。



 


●お店の名前の由来を教えてください!
お分かりだと思いますが、名字の『鴨谷』から1文字とって『カモのタルト屋さん』と名付けました。
●やはりそうなんですね!キャラクターもご自身で考えられたんですか?
そうですね。
考えて、絵も自分で描きました(^^♪

 


●移動販売を始めたきっかけを教えてください。
元々の始まりは、40歳の時に仕事を辞めて、六甲山にオープンさせたカフェです。
自分の持っているアンティーク車を飾って、趣味の合う人に来てもらって、簡単なお料理を出すお店をしたかったんです。
お菓子を作るつもりはなかったんですが、カフェを始める準備中にアルバイトをしていたレストランでパティシエさんを紹介してもらって、素人でも作れるタルトのレシピを教えてもらったのでメニューに加えたんです。
両親の介護が必要になりお店は閉めることになったんですが、喫茶店をされているお客さまから『店でタルトを出したいので作ってほしい』と言われ、タルトの配達をするようになったのをきっかけに『移動販売なら介護をしながらでもできるんじゃないか?』と考え、新たに始めたのが『カモのタルト屋さん』です。
はじめてからもう5年目くらいになりますね。



●お店のこだわりはありますか?
特にこだわりはないですが、タルト1本で頑張っています。
パティシエじゃないのでタルト以外作れないというのもありますが(笑)

●タルトは何種類ありますか?
木の実といちじくのタルト、濃厚ショコラ、マロンのタルト、黒酢のりんごタルト、キャラメルチーズケーキの5種類ですね。
以前は季節ごとに限定のタルトを作ったり、太子町に住んでいるので太子みそを使って作ってみたりしていましたが、やはり定番タルトの方が人気なので基本的にはこの5種類のみで営業しています。



 


●移動販売はいつされていますか?出店のない日の過ごし方も教えてください!
決まって出店しているところは、太子町役場で開かれている『ふれあい市』に毎週水曜日と姫路市にある『EFFECT』さんに最終日曜日とイベント時、加古川市にある『do-ing』さんに第3土曜日、あとは不定期に近隣のイベントや住宅展示場ですね。
注文を受けて取りに来てもらったり、配達に行ったりもしていますよ。
出店のない日は基本的にタルトの仕込みや材料の仕入れなどですね。
タルトは冷凍保存できるので、焼いて、冷まして、冷蔵庫に入れて、冷凍して。
無理をしないよう自分のペースでお休みを取っています。



●移動販売の車もかわいいですね♪
お客さまにもよくかわいいと言っていただいています。
移動販売車を作る専門の会社にお願いして作ってもらいました。色は自分で選べるのでタルトをイメージしたクリーム色と茶色で塗ってもらって、キャラクターのステッカーを貼りました(^^♪
デザインは気に入っていますが、中に入ると夏は暑く、冬は寒いので販売中は少し大変です(^_^;)
夏場は3kgほど痩せるくらい大変なので出店を少なめにしています(笑)



●今後の目標を教えてください!
今後は、この移動販売車を決まった場所に置いてお店をするか、自宅でお店を開きたいなと思っています。
ただ、自宅は市街化調整区域にあるので、お店をしようと思うといろいろな規制がかかってくるんですよね。購入するときにも説明は受けていますが、お店をしたいと思い始めてから自分でもいろいろと調べてみて、難しさを実感しているところです。長く住むことでお店をしたり建替えたりができる可能性も出てくるので、それからかなぁ。

●最後に太子町のおすすめポイントを教えてください!
いろいろなお店があって生活がしやすい。あとバイパスが近いこともあって、東にも西にも、北にも動きやすいところがいいですね(^^)


今回のレポートは、平成28年に揖保郡太子町の物件をご購入いただいた鴨谷様にお話をお伺いしてきました。
兵庫で一番大きな街、神戸市からの移住で、周囲の方とうまくお付き合いができるか不安だったという鴨谷様ですが、温厚で地域の行事にも積極的に参加されるお人柄もあってか、問題なくすぐに打ち解けられたようです。
田舎暮らしで思い浮かべがちな農業や動物の飼育などはされていませんが、自分の好きなお仕事をしながら、休日にはドライブをしたり温泉巡りをしたりするというのも素敵な田舎暮らしだなぁと感じました。
今回のインタビュー時にはお土産にとタルトをいくつかいただきました。鴨谷様のタルトはこれまでにも何度か食べさせていただいていますが、いつ食べてもしっとりとしていて、程よい甘さで、何個でも食べたくなる美味しさです!
移動販売の予定はFacebookにてお知らせされていますので、ぜひチェックしてみてください☆
また、注文をされたい方は下記連絡先までご連絡してみてくださいね(^^)
鴨谷様、お忙しい中貴重なお時間をいただきありがとうございました!

*お店情報*
『カモのタルト屋さん』
TEL:090-8932-8879
Facebook:カモのタルト屋さん

取材日*2020.3.6